3DSゲーム実況やり方講座
  1. HOME
  2. 3DS録画

3DSをパソコンに出力する

3DSの動画をパソコンに出力するには偽トロキャプチャーという仲介機材と専用ソフトを使用します。3DSとハンディーカメラを固定して撮影する方法もありますが、映像端子直結で直撮りした方が圧倒的にキレイに録れます。

この偽トロキャプチャーなる商品はけいてぃというところで製造・販売を行ってます。自身が既に持っている3DSを送って取り付けてもらう方法や、機材を買って自分でハンダ付けするもの、最初から組み込まれてる本体ごと買う方法の3種類があります。筆者は既に組み込まれている本体を購入しました。届いてびっくり!なぜか色はピンクでした。色指定しても別の色が届くことはよくあることのようです。

偽トロキャプチャーの使い方

購入したらまず最初に、ドライバー(偽トロを動かすためのパソコン用ソフト)のダウンロード方法が書いてある紙が入ってますので、それを見て記載URLからソフトをダウンロードします。シリアルナンバーを入力して再起動すればセットアップは完了です。あとは同梱の専用ケーブルを3DSとパソコンにつなぎ、偽トロキャプチャのソフトを起動すればパソコンの画面に3DSの映像が映し出されます。

Q.初期設定のお勧めは?
A.偽トロキャプチャーは様々な設定が調整できるのですが、高画質で転送しようとするとカクカクになってしまったりするので、YouTubeにアップロードする限りでは標準画質で十分だったりする。転送モードは「middle」を選び、等倍調整は「dot by dot x3」、バックバッファは「1600x960」がベストだと思う。あくまでも好みだが、等倍調整を変えたら、バックバッファも変えないと、画面が縦長やら横長になるので注意が必要です。

Q.ケーブルをつないでるのに映像が出ないときは?
A.ケーブル端子の根元をつまんで軽くグリグリやると映る場合があります。強くやると壊れるので要注意!それでも直らない場合は、3DS内部のハンダ不良かもしれないのでけいてぃに連絡して対処方法を聞きましょう。[no signal]と出るときは大抵コレです。

Q.パソコン側の映像がカクカクしちゃう!
A.偽トロキャプチャーは映像をパソコンに出力する機能がメインなので、同一ケーブルで音声もキレイに録ろうとすると映像がカクカクしてしまいます。対処方法は、3DSのイヤホン端子とパソコンのマイク端子を両端ピンケーブルで接続します。

動画をキャプチャー(録画)する

3DSの動画をキャプチャー(録画)するには偽トロキャプチャーとは別にキャプチャー専用ソフトを使用します。無料で使えるソフトもありますが、キャプチャーした映像がカクカクしたりと安かろう悪かろうでした。最終的にBandicam(バンディカム)というソフトを使用しています。ダウンロードして無料で使えますが、撮影した動画にはロゴが自動挿入されます。お金を払う(4320円:2014年11月15日現在)とロゴが消えます。

バンディカムの初歩的な使い方

  1. GOMサービスの専用ページからダウンロードし、インストールします。
  2. 初期設定は、ビデオ項目の詳細設定を「ライン入力」にし、オーディオデバイスは「追加無し」、フォーマットタイプは「アドビプレミア編集用」にしておくと、プレミアで編集するときに最適なファイルで記録されます。

バンディカムの操作画面